TOEIC900点ってどのくらいすごいの?レベルを教えるよ!

英語
スポンサーリンク

 

TOEIC900点台の人って、TOEIC全受験者のうち、どのくらいの割合か知っていますか?

なんと、全受験者の上位2%しかいないんです!

ちなみに、2019年度、日本でのTOEIC受験者数は約241万人。

そのうちの2%なので、5万人弱といったところでしょうか…!

意外といるような気もしますが、TOEIC講師など、複数回受験している人もいると思うので、実際はもう少し少なそうです!

そんな数少ない900点台の人たちって、一体どんな人たちなんだろう??

英語ペラペラなのかな?字幕なしで洋画がみれるのかな??

と思っている方も多いのではないでしょうか!

 

今回は、実際にTOEIC930点を取ったわたしが、取得時点の英語力をお話していこうと思います!

 

スポンサーリンク

TOEICの問題はどのくらいすらすら解けるのか

リスニングパート

わたしはリスニングパートは455点を取りました!

このレベルだと、単語力的にも速さ的にも、聞き取れない問題はほぼないです。

たまに聞き取れない単語があったりもしますが、消去法で正解できることが多いです。

スピードに関しても、速くて聞き取れないということはまずありえません。

一番大変なのは集中力を45分間保つことでした。

というか、保ててないから40点も落としてるんですけどね…。

リーディングパート

リーディングパートでは475点を取りました!

日本人には珍しく、リーディングのほうが得意です(笑)

リーディングは時間がかなりタイトですが、わたしはなんとか時間内に解き終わりました!5分くらい余った気がします。

5分余ったからといって特に見直しできるわけでもないんですけどね(笑)疲れ果ててます(笑)

一応時間内には解き終わりますが、のんびりできるわけではないので常に時計とにらめっこしてます!

分からない単語はそんなに出てきません。まったく出てこないわけではありませんが、読み進める上で支障がないレベルです。

ちなみに、返り読みは一切しません。英文を、頭から読んでそのまま理解できます。日本語に訳しながら読んでるのではなく、英語を英語のまま理解しています。

あと、パート6と7は全部読んでるわけではないですね。問題文を先に読んで、答えを探します。とはいえ、パート7の後半は問題が5つあるので、結局ほぼ全部読むことになります(笑)

リーディングは本当に時間との戦いで、900点台を取ってる人でも最後の方塗り絵だったりします!

リスニングで400点台後半を取れれば、リーディングが400点台前半でも900点には乗るので、どうしても990点が取りたい!という志の高い方でなければ、リスニングに時間を割いたほうがいいかもしれません!

 

と、まあTOEICはこんな感じで解いています!

 

 

各4技能のレベル感

では次に、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4技能について、それぞれどのくらいのレベルなのかお話していきますね!

ここで書く、想像、というのは、TOEIC600点台くらいだった頃のわたしの、900点台の人の英語力の想像です笑笑

スピーキング

想像→帰国子女並みにペラペラ

現実→話せるけどペラペラには程遠い

冷静に考えると、TOEICのスコアとスピーキングのスコアにはあまり相関はなさそうだと分かりそうなんですけどね……。

TOEIC900点台って、それだけ、雲の上の存在だと思っていました。そう思っている人が結構多いのではないでしょうか?笑

ライティング

想像→多様な文法・熟語や表現を自由に使いこなせる

現実→使い慣れた表現ばかりに偏りがち

ライティングもTOEICのスコアとは関係ないので、TOEICの勉強をしたからといってライティングの力が伸びたというようには感じませんでした。

リーディング

想像→辞書なしで英字新聞がすらすら読める

現実→1行に3つも知らない単語が出てくることも……(泣)

 

現実はとても、、、とても、、、厳しかったです、、、

リーディングだけだと上位1%に入るスコアをTOEICで取っていたので、少し自信がありましたが、へし折られてしまいました(笑)

全然読めないです(笑)笑えるほどに(笑)

ただまあ、文法・語法に関してはほぼ網羅できているので、あとは単語力の問題ですね。よく出てくる単語さえ覚えればすらすら読めるようになりそうです。それが大変なんですけどね……。

リスニング

想像→字幕なしで洋画が楽しめる

現実→字幕なしだと半分も分からない

TOEICのリスニングが、ニュースキャスターばりに明瞭に発音してくれていることは分かっていたつもりでしたが、、普段洋画や海外ドラマを観ないので、現実がまったくわかっていませんでした(笑)

状況や表情、しぐさなどの視覚情報もあるから、ある程度分かるだろうとたかをくくっていましたが……字幕なしだと本当にぜんぜんわからない(笑)

TOEICの科目であるリスニングとリーディングがぜんぜんできるようになっていないのは結構ショックでした。笑

TOEICで上位2%しか取れないスコアを取ったのに、それでもまだまだネイティブには程遠い英語力なのかと思って挫折しかけましたね(笑)

 

以上が、TOEIC900点台の人のレベル感です!

 

どうでしたか?「ぜんぜん英語できないじゃん!」と思われた方が多いのではないでしょうか?笑

わたしも、TOEIC900点台の人にすごく憧れと尊敬の念を抱いていただけに、このギャップには衝撃を隠しきれませんでした笑笑

実際、900点台の人は、自分の英語のできなさを知って、今度は英検(1級)などに挑戦しようとする人が多いみたいですね!

みなさんも、TOEIC900点台を取って、英検1級にも挑戦してみてください!笑

英語
スポンサーリンク
momoをフォローする
この記事を書いた人
momo

大学院卒→一部上場企業1年目女子。国内旅行、海外旅行とラーメンが大好き。

momoをフォローする
ももとりっぷ

コメント

タイトルとURLをコピーしました